スポンサードリンク

2009年05月05日

記念日のフラワーギフト

結婚記念日や長寿の記念日などにもフラワーギフトは大変喜ばれると思います。

ここで、記念日の節目の呼び方を紹介します。


結婚記念日は、25周年を銀婚式、30周年を真珠婚式、35周年を珊瑚婚式、40周年をルビー婚式、45周年をサファイヤ婚式、50周年を金婚式とそれぞれ呼んでいます。

それぞれの宝石の色をイメージした色合いのフラワーギフトを用意するのもおしゃれで素敵だと思います。

銀婚式には白やピンクの柔らかい色のお花にシルバー系の葉っぱを加えたもの、真珠婚式には透明感のある白をベースにグリーンをあしらったものというように、珊瑚婚式にはサーモンピンクなどの薄いピンク系、ルビー婚式にはワインレッドや紫系、サファイヤ婚式にはブルー系、金婚式にはオレンジやイエロー系など、その時の呼び方にちなんだ花束やフラワーアレンジメントがお薦めです。

また、夫婦の不変を意味して長く楽しめるプリザーブドフラワーもいいですね。
ずっと置いておけるので、結婚記念日のいい思い出になると思います。

長寿の記念日は、60歳を還暦、70歳を古稀、77歳を喜寿、80歳を傘寿、88歳を米寿、90歳を卒寿、99歳を白寿とそれぞれ呼んでお祝いします。

それぞれの記念日にもお祝い色があります。

還暦は赤、古稀、喜寿は紫、傘寿、米寿、卒寿は黄色、白寿は白です。

還暦祝いや傘寿、米寿、卒寿祝いのフラワーギフトはお祝い色で用意してもかまいませんが、あとの白や紫はあまり縁起のいい色ではありませんので避けるようにします。

仏花として使われるキクや下向きに咲くスズランなども、長寿祝いには避けた方がいいでしょう。
長寿のお祝いには、元気の出る明るい色合いのフラワーギフトがお薦めです。

みんなで集まってお祝いし、見た目も豪華な花束をプレゼントするといいですね。

【関連する記事】
posted by フラワーギフト at 14:09 | TrackBack(0) | フラワーギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。